韓国

【2022年9月】IZ*ONEの解散理由は?メンバーのその後や再結成・復活の噂を調査

IZ*ONE解散後のメンバーは何をしてる?
スポンサーリンク

2021年4月に、人気絶頂のなかで解散をしたIZ*ONE

唯一無二の華やかなコンセプトで、解散後にファンになった人も多いでしょう。

とても人気のK-POPアイドルグループだっただけに、

「どうして解散してしまったの?」
「再デビューしたメンバーはいる?」
「復活や再結成の可能性はあるの?」

など、メンバーの現在の様子が気になる人も多いでしょう。

そこで今回は、IZ*ONEメンバーの解散理由やその後の活動についてまとめました!

スポンサーリンク

IZ*ONEの解散理由は?

IZ*ONEは、元々期間限定グループとして結成されました。

結成のきっかけになったのは、「Produce48」という公開オーディション番組。「Produce48」を通してデビューするグループの活動期間は2年半と、あらかじめ決められていたのです。

「Produce48」にはAKB48グループのメンバーと韓国の芸能事務所に所属する練習生96人が参加。

メンバーそれぞれの所属事務所が異なっており、活動を延長するには全ての事務所からの合意が必要でした。

活動延長を求める声は多くあがりましたが、反対する事務所もあったので予定通り解散に至った、という流れです。

rina
rina

なにか悪いことがあって解散したのではなく、もともと2021年4月29日の活動終了は予告されていました。

スポンサーリンク

IZ*ONEのメンバーのその後・現在は?

IZ*ONEは解散してしまいましたが、メンバーのその後の活動はどうなっているのでしょうか?

現在も多方面で活躍しているメンバーの現在をまとめました!

rina
rina

事務所を移籍したメンバーもいて、今後の活動も楽しみです♡

クォン・ウンビ:女優・ソロアーティスト

所属事務所ウリム

IZ*ONEのリーダーを務めていたウンビは、2021年8月にソロデビューしました。

ミュージカル「タイヨウのうた」にも出演し、日本公演で来日したことも。

韓国ではコンサートも開催しており、ソロアーティストとして精力的に活動しています!

宮脇咲良:HKT48卒業・LE SSERAFIMで再デビュー

所属事務所韓国:ソースミュージック
日本:A.M.Entertainment(Vernalossomから移籍)

IZ*ONE解散後、HKT48に戻った宮脇咲良。しかしすぐに卒業を発表し、2021年6月にHKT48として最後のコンサートを行いました。

ケラスターゼのミューズ、FlowerKnowsのアジアアンバサダー大使に就任したり、日本の雑誌に載ったりと引っ張りだこでしたが、2021年8月に再び渡韓。

2022年3月にはソースミュージックとの契約が発表され、5月にLE SSERAFIMのメンバーとして再デビューしました。

IZ*ONEの華やかな雰囲気とはまた違う、かっこいい宮脇咲良に注目が集まっています。

rina
rina

LE SSERAFIMとしてたびたび来日もしています!

カン・へウォン:女優・ソロアーティスト

所属事務所8D(エイトディー)

IZ*ONE解散後に公式InstagramやYouTubeチャンネルを開設し、ファンと交流しているカン・へウォン。

2021年7月には写真集発売、12月にはアルバム「W」をリリースし、「青春ブロッサム」などのドラマにも出演しています。

2022年9月には日本でのファンミーティングも行うなど、さまざまな方面で活動しています。

チェ・イェナ:女優・ソロアーティスト

所属事務所YUE HUA(ウィエファ)

2022年1月に「SMilEY」でソロデビューしたイェナ。

音楽番組で1位を取ったほか、ドラマにも出演しています。

バラエティ番組やアユクデにも出演しており、頻繁にIZ*ONEメンバーと会ったり連絡を取ったりしているようです!

イ・チェヨン:サバイバル番組出演・ソロデビュー準備中

所属事務所WM

メインダンサーのチェヨンは、2021年8月から始まったサバイバル番組「ストリートウーマンファイター」に出演しました。

2022年5月には野球の始球式に出て、IZ*ONEのFIESTAを披露してくれました。

rina
rina

ダンスも歌もラップもできるので、はやく再デビューしてほしいというのがファンの本音です。

(2022.09.09追記)
なんと、妹であるITZYのチェリョンが「チェヨンがアルバムを準備している」とスポしてくれました!

チェリョンは番組の中で、姉であるチェヨンがどう過ごしているのか聞かれ「姉は今準備中です」と答えています。さらに、「アルバム準備中」という字幕も。

rina
rina

2022年9月15日には、ようやくチェヨンのソロデビューが公式発表されました!

【公式】「IZ*ONE」出身のイ・チェヨン、ソロデビュー -1- 韓国音楽(k-pop)|wowKorea(ワウコリア)
K-POP・韓国ドラマ・韓流ドラマ・韓国芸能ならwowKorea(ワウコリア) - 【公式】「IZ*ONE」出身のイ・チェヨン、ソロデビュー - 1

デビュー日は2022年10月12日。ウンビとLE SSERAFIMとカムバック期間が被るので、絡みを見られるといいですね!

キム・チェウォン:LE SSERAFIMで再デビュー

所属事務所ソースミュージック(ウリムから移籍)

元々ウンビと同じウリムに所属していたチェウォンですが、2022年3月にソースミュージックへの移籍を発表しました。

2022年5月には、宮脇咲良と同じLE SSERAFIMというグループで再デビュー。LE SSERAFIMではリーダーを務めています。

IZ*ONEにいた頃の可愛らしさも残しつつ、かっこいい姿を見せてくれています!

キム・ミンジュ:音楽番組MC・女優

所属事務所SOOP(Urban Worksから移籍)

IZ*ONEの頃からやっている、ウマチュン(音楽番組)のMCは現在も継続中

女優志望のようで、Urban Worksとの契約終後はSOOPに移籍しました。SOOPは、女優・俳優のマネジメントを行う大手事務所です。

すでに「禁婚令、朝鮮婚姻禁止令」というドラマに出演することが決まっており、今後も色々なドラマへの出演が期待されています!

矢吹奈子:HKT48のセンター

所属事務所Vernalossom

IZ*ONE解散後、元々所属していたHKT48に戻った矢吹奈子。

現在もHKT48として活動中で、「ビーサンはなぜなくなるのか?」では初の単独センターを務めました。

KCON日本公演や日韓合同オーディション番組「THE IDOL BAND : BOY’s BATTLE」のMCを務めるなど、K-POPに関する仕事もしています。

本田仁美:AKB48のセンター

所属事務所Mama&Son(Vernalossomから移籍)

IZ*ONEの活動終了後はAKB48に戻り、選抜メンバーとして活動している本田仁美。

「元カレです」ではセンターを務めたほか、AKB48の新レギュラー番組のメイン出演メンバーを決める「SHOWROOM選抜」で1位を獲得しました。

2022年7月には、小嶋陽菜・高橋みなみ・峯岸みなみなどが所属するMama&Sonに移籍したと発表。

「Cheating Trip」という韓国のバラエティ番組に出演するため、2022年8月に久しぶりに渡韓していました。

rina
rina

渡韓中はミンジュと出かけたり、IZ*ONEの頃交流があったダンサーさん・メイクさんとも会っていたようです♪

チョ・ユリ:女優・ソロアーティスト

所属事務所WAKEONE(元ストーンミュージック)

メインボーカルとして活躍していたユリは、2021年10月に「Glassy」でソロデビューをしました。

元々ストーンミュージックに所属していましたが、2021年4月に廃業。新設されたWAKEONEという事務所に統合され、2021年8月に正式にユリがWAKEONEに所属していると発表されました。

2022年6月にリリースした「Love Shhh!」では、ソロデビュー後はじめて音楽番組で1位を獲得しています。

ドラマ「MIMICUS」に出演しており、女優としての活躍にも期待です。

アン・ユジン:IVEで再デビュー

所属事務所スターシップ

IZ*ONEの頃からやっている、人気歌謡という音楽番組のMCをしていたユジン。

2021年12月に、スターシップからIVEというガールズグループでデビューしました。IVEではリーダーを務めており、より洗練された容姿やパフォーマンスでIVEを引っ張っています。

2022年3月27日の放送で人気歌謡のMCは卒業。2022年2月からは韓国のバラエティ番組「鋼鉄部隊2」にレギュラー出演をしています。

チャン・ウォニョン:IVEで再デビュー

所属事務所スターシップ

IZ*ONEのマンネであるウォニョンは、2021年10月から音楽番組「Music Bank」のMCを務めています。

2021年12月には、ユジンと同じIVEでデビュー。同時期に開催された「Asia Artist Awards」では歴代最年少MCに抜擢されました。

miumiuやイニスフリー、FREDなど、さまざまなブランドのアンバサダーにも選ばれています。

IZ*ONE復活・再結成の可能性は?

IZ*ONEの復活や再結成を望む声は多くあります。

しかし、国籍の異なる12人のメンバーがおり、それぞれ事務所も異なることから、再結成して継続的に活動するのは難しいでしょう。

rina
rina

女優やソロアーティストとしてステップアップしたいメンバーもいるので、その意志を尊重すると考えなしに「再結成して!」とは言えません…。

しかし、一夜限りの復活であれば望みはあります

2022年のKCONで「La Vie en Rose」がカバーされたり、2021年のMAMAで期間限定グループだったWanna Oneが復活したりと、一夜限りの復活に望みを持てる事例を紹介します!

KCON 2022 LAでKep1erがIZ*ONEの「La Vie en Rose」をカバー

2022年にLAで開催されたKCONで、Kep1erがIZ*ONEの「La Vie en Rose」をカバーしました。

実はこのカバーは、ファンの投票で決まったもの。

事前にKCONのSNSで「もう一度見たいアーティスト」の投票フォームが共有され、選択肢にIZ*ONEが入っていました

同時に、「TOP10に選ばれたアーティストのステージをKCON2022で再現する」とも発表。

投票の結果、IZ*ONEがもう一度見たいアーティストTOP10に入ったため、Kep1erが「La Vie en Rose」を披露したという流れです。

rina
rina

IZ*ONE本人によるステージではなかったものの、IZ*ONEの再結成を求めるファンがたくさんいることを証明しました!

Produce101出身のWanna OneがMAMAで一夜限りの復活

「Produce48」の前に放送されていた「Produce101」でデビューしたのが、Wanna Oneというグループです。

IZ*ONEのように期間限定のグループで、2019年に解散。

メンバーはアイドルとして再デビューしたり、俳優活動をしたりしていましたが、2021年のMAMAで一夜限りの復活を果たしました。(ライ・グァンリンを除く10人で出演)

2022年1月には11人全員で参加した「Beautiful(PARTⅢ)」をリリース。

rina
rina

IZ*ONEも数年後にMAMAで復活するかもしれないと希望を持てますね!

Produce101 SEASON2出身のI.O.Iが5周年記念で集結

Wanna OneやIZ*ONEと同様に「Produce101 SEASON2」を通してデビューし、解散していたI.O.I。

デビュー5周年を記念して、2021年5月4日にライブ配信を行いました。

全員は集まれなかったものの、カン・ミナとチュ・ギョルギョン以外の9人が集結。ほんの90分の配信でしたが、I.O.Iを思い続けていたファンにとってはとても素敵なイベントでした。

rina
rina

ファンとの「5年後にまた会おう」という約束を守ってくれました…!

IZ*ONE解散後もメンバーは大活躍!

いかがでしたか?

今回は、IZ*ONEの解散理由やメンバーのその後についてまとめました。

解散後もソロアーティストやアイドルとして活動しているメンバーばかりで、IZ*ONEのファンとしてはとても嬉しいです♪

皆さんも、現在のIZ*ONEメンバーそれぞれの活動の応援よろしくお願いします!

F O L L O W M E !
Author
rina

美容・韓国アイドル・カフェ巡りが好きなフリーランス。
タイ(バンコク)でのワーケーション準備中!時間や場所にとらわれず、好きなことを好きなだけやりたい20代女。

<保有資格>
・コスメコンシェルジュ
・化粧品成分上級スペシャリスト
・JPCAパーソナルカラーアシスタントアドバイザー
・コスメマイスター・ライト
・薬機法管理者

<イメコンスペック>
骨格:ナチュラル
パーソナルカラー:1stブルベ冬2ndブルベ夏(クール)
顔タイプ:エレガント(クール寄り)

F O L L O W M E !
こけもも
タイトルとURLをコピーしました
const twitterEmbed = document.getElementsByClassName('twitter-tweet'); const instaEmbed = document.getElementsByClassName('instagram-media'); try { if (twitterEmbed.length !== 0) Defer.js('//platform.twitter.com/widgets.js','widgets-js',1000); if (instaEmbed.length !== 0) Defer.js('//www.instagram.com/embed.js','embed-js',1000); } catch (error) { console.log(error) }