美容

【湿気対策】崩れにくい前髪の作り方!前髪をキープする秘密アイテムも紹介

スポンサーリンク

雨やマスクが原因の湿気に悩んでいませんか?

「せっかく巻いたのに真っ直ぐになってしまった」

「すぐに割れてベタついた印象の前髪になってしまう」

などなど、前髪がある人にとって、湿気は悩みの元。

今回は、崩れにくい前髪の作り方や、前髪をキープするためおすすめアイテム、前髪が割れてしまった時に使いたいお助けアイテムなどをご紹介します。

rina
rina

綺麗な前髪を作りたい人は必見です!

スポンサーリンク

雨の日や暑い日は前髪が崩れがち…

雨の日は湿気が多く、頑張ってセットしても前髪が崩れやすくなります。

マスクを着用する機会が多い昨今、マスクによる湿気で前髪がペタペタになってしまう…と悩み始めた人も多いのではないでしょうか?

気分良く過ごしたいのに、前髪が崩れているだけで憂鬱な気分になってしまいますよね。

rina
rina

そこで今回は、崩れにくい前髪の作り方とキープ方法について研究してみたいと思います!

湿気に負けない前髪の作り方

まずは、前髪を作るところから始めましょう。

メイクと同様、崩れにくい前髪を作るには下準備が大切

いつもより工程が増えて面倒に思うかもしれませんが、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

1. 前髪を地肌まで濡らす

まずは、前髪の生えグセを緩和するために、前髪を濡らしましょう

この時、毛先を軽く濡らすのではなく、根元を中心にビシャビシャになるまで濡らすのがポイントです。

2. ザクザクと掻き分けるように乾かす

濡らした前髪を軽くタオルで拭いたら、乾かしていきます。

寝ている間にできた分け目をなくすため、指を立てて地肌を擦るようにしながら、左右にザクザク動かすのがコツです。

3. コテ・アイロンで巻く

前髪がしっかり乾いたら、コテやアイロンで巻いていきます

しっかりと熱を与えて形を作りたいので、カーラーやロールブラシでは崩れやすくなる可能性が…。

リファのストレートアイロンは本体もプレートも細身で持ちやすく、短い前髪でも巻きやすいのでおすすめです。

4. しっかり前髪を冷ます

コテ・アイロンで熱を与えた後は、冷めるまで触らずに放置しましょう。

髪の毛は熱を与えられ、冷めていく過程で形状が記憶されます

5. まとめ髪スティックを前髪の内側から塗る

前髪の熱が冷めたら、アホ毛を抑えるためのスタイリング剤を前髪の内側から塗ります

マスカラタイプのものだと、内側に通しやすく、カーブを描きながら濡れるので楽ちん。

アンドハニーだけではなく、エルジューダ・プリュスオーなどさまざまなブランドから発売されているため、持っていない人は買ってみてくださいね。

rina
rina

この工程をやるだけで、かなり前髪をキープできるようになります!

6. スプレーは根本と毛先で固さを分ける

仕上げに、ケープで前髪の形をロックしましょう。

ケープは根本と毛先で使い分けるのがおすすめです。根元は「ケープ FOR ACTIVE」などのガッチリ固められるものをチョイス。

根元が固定されることで、風でも崩れにくい前髪になります。

毛先は自然にふんわりと見せたいですよね。毛先は「ケープ ONE」などの比較的キープ力がおだやかなもので固めましょう。

表面と内側の両方から吹きかけると、キープ力が高まりますよ。

前髪が崩れにくくなる裏技①前髪パーマ

「楽に前髪をキープしたい」という人には、前髪パーマがとてもおすすめ

美容院によって値段はピンキリですが、大体5,000円ほどでパーマをかけられます。

前髪のふんわりとしたカールをパーマで再現できるので、湿気の多い日でも崩れにくい前髪に。梅雨の時期の心強い味方です。

rina
rina

私は前髪がある時、6月と7月に前髪パーマをかけるようにしていました。

夏に汗をかいたときも前髪がペタペタになりにくいので、とても快適です。

前髪が崩れにくくなる裏技②前髪グルーで毛先まで固定

徹底的に前髪をロックしたい人は、前髪グルーを使ってみてください

前髪グルーは、顔に塗れるのりのようなもの。粘着力のある液体で前髪の毛先を肌にくっつけると、風でもほとんど動かない前髪を作れます。

剥がす時は皮膚が引っ張られてしまうので、クレンジングなどで優しく落とすのがベターです。

rina
rina

私はダンスで髪が乱れそうなときに愛用しています!

前髪が崩れた時に使いたい修復アイテム

どれだけ対策をしても、前髪が崩れてしまうこともありますよね。

そこで、前髪が崩れてしまった時に使いたいアイテムもご紹介します!



1. ベビーパウダー

まず紹介するのは、ベビーパウダー。

粒子の細かい粉が皮脂を吸着し、ベタついた前髪をサラサラに戻してくれます。ただし、つけすぎると髪が白くなってしまうので量に注意しましょう。

粉飛びしやすいため、プレストタイプ(固形タイプ)を選ぶのがおすすめです。

メイクのお直しにも使えるので、1つ持っていると便利ですよ。

2. ドライシャンプー

次に紹介するのは、ドライシャンプー。おすすめはスティーブンノルのドライシャンプーです。

パウダーが入っており、髪のベタつきを抑えられるのがメリット。

香りつきでさっぱりとした付け心地なので、汗をかいた後に使うと気持ちいいですよ。

香りで頭皮の臭いをカバーしてくれるので、汗をかきやすい夏にぴったりなアイテムです。

3. USB シューガーロールホットカーラー

前髪を巻き直したいけれど、「アイロンを持ち歩くのは面倒」「コンセントを使える場所がなかなかない」というケースが多いでしょう。

そんなときに便利なのが、USB充電式のホットカーラーです。

コンセントに繋がなくてもカーラーが温まって、前髪にカールをつけてくれます。手のひらサイズでかさばらないので、持ち運びにも便利ですよ。

雨やマスクによる湿気に負けない前髪を作ろう!

いかがでしたか?

今回は、「湿気で前髪が割れる」「湿気ですぐに巻きが取れてしまう」という人のために、湿気対策についてご紹介しました。

前髪がある人にとって、梅雨の湿気やマスクによる湿気は天敵。

丁寧に前髪を作って、1日を楽しく過ごしましょう!

【ブリーチ毛】髪にツヤが出る!おすすめヘアケア方法5選
ブリーチをすると、透明感のあるカラーや韓国アイドルのような派手髪を楽しめます。しかし、「髪の傷みが気になる」「ブリーチ後のヘアケアはどうすればいいの?」といった疑問・悩みを持つ方が多いのではないでしょうか? 今回は、胸下あたりまでのロングヘア&ブリーチ済みの私が、お気に入りのヘアケアグッズをご...
F O L L O W M E !
Author
rina

美容・韓国アイドル・カフェ巡りが好きなフリーランス。
タイ(バンコク)でのワーケーション準備中!時間や場所にとらわれず、好きなことを好きなだけやりたい20代女。

<保有資格>
・コスメコンシェルジュ
・化粧品成分上級スペシャリスト
・JPCAパーソナルカラーアシスタントアドバイザー
・コスメマイスター・ライト
・薬機法管理者

<イメコンスペック>
骨格:ナチュラル
パーソナルカラー:1stブルベ冬2ndブルベ夏(クール)
顔タイプ:エレガント(クール寄り)

F O L L O W M E !
こけもも
タイトルとURLをコピーしました
const twitterEmbed = document.getElementsByClassName('twitter-tweet'); const instaEmbed = document.getElementsByClassName('instagram-media'); try { if (twitterEmbed.length !== 0) Defer.js('//platform.twitter.com/widgets.js','widgets-js',1000); if (instaEmbed.length !== 0) Defer.js('//www.instagram.com/embed.js','embed-js',1000); } catch (error) { console.log(error) }